ここから本文です

検屍から事件を解決する「江戸の検屍官」新シリーズ、ビッグコミックで始動

コミックナタリー 10/8(土) 20:18配信

川田弥一郎原作、高瀬理恵作画による「江戸の検屍官」の新シリーズが、本日10月8日発売のビッグコミック20号(小学館)にてスタートした。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「江戸の検屍官」は優れた検屍技術を持つ北沢彦太郎と、女好きの医者・玄海、女絵師・お月が遺体に残された小さな手がかりから事件の真相を究明する大江戸推理譚。新シリーズでは妾と、とある“異常なまぐわい方”をしている最中に急死したという、男の遺体を検屍することになる。

最終更新:10/8(土) 20:18

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]