ここから本文です

ソフトバンクが先勝 今宮が決勝2点打、千賀の好投が逆転呼ぶ

デイリースポーツ 10/8(土) 16:13配信

 「パCSファーストS・第1戦、ソフトバンク4-3ロッテ」(8日、ヤフオクドーム)

 ソフトバンクが逆転勝ちで先勝。2-2の八回にロッテの2番手・内を攻め、1死満塁から今宮の左前2点適時打で勝ち越した。

 0-2の初回は2死三塁から内川の右越え適時二塁打で1点。三回も内川の左越え1号ソロで同点に追い付いた。

 先発・千賀は初回に2本塁打で2点を先制されたが、その後は追加点を与えずに7回4安打12奪三振2失点と好投。味方打線の逆転を呼び込んだ。

 決勝2点打の今宮は「ファンの皆さんの声援のおかげで打てました。(内の)まっすぐが前へ飛ばない(ファウルが続いた)ので、前進守備だったので何とか前へ飛べばと思って打った」と振り返った。

 今季は右肘の故障で戦列を離れる時期もあったが、今宮は「1年間ショートを守り続けなければならなかったが、初めて出られなかった。でも、診断はねずみ(関節軟骨がはがれる症状)だったので選手生命に影響することはないと思う。気持ちで頑張ります。明日必ず決めたい」と語った。

 ロッテは初回、清田の先頭打者弾とデスパイネの右越え1号ソロで2点を先制。2-4の九回は先頭・デスパイネが3番手・サファテからこの日2本目の右越え2号ソロ。その後も2死二塁としたが、抑えられた。先発・涌井は7回6安打2失点だった。

最終更新:10/8(土) 16:40

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]