ここから本文です

ロズベルクが通算30度目のPP獲得 2位はハミルトン

デイリースポーツ 10/8(土) 16:23配信

 「F1日本GP・公式予選」(8日、鈴鹿サーキット)

 公式予選が行われ、年間総合優勝争いトップに立つメルセデスのニコ・ロズベルク(31)=ドイツ=が1分30秒647で通算30度目のポールポジションを獲得した。2位は同僚のルイス・ハミルトン(31)=英国、3位にはフェラーリのキミ・ライコネン(36)=フィンランド=が入った。 Q3の最終ラップでロズベルクが3位から1位のタイムをたたき出した。その後、ハミルトンが猛追したが、最後はわずか0・013秒届かなかった。

最終更新:10/8(土) 19:23

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。