ここから本文です

大阪桐蔭が4強進出 北野の好投手・牧野を攻略

デイリースポーツ 10/8(土) 16:59配信

 「秋季高校野球大阪大会・準々決勝、大阪桐蔭7-0北野」(8日、舞洲ベースボールスタジアム)

 3年連続のセンバツ出場を目指す大阪桐蔭が、北野を完封で下し4強へ進出した。公式戦先発となった根尾昂投手(1年)が7回2安打無失点の好投。打線は進学校の北野が相手と言えど、しっかりと研究して攻略した。

 相手エース・牧野はこの秋、投げっぷりの良さとスライダーのキレが評判を呼んでいた左腕。「しっかりビデオを見て。どんな相手でもそれは一緒です」と西谷浩一監督が明かしたように、相手を侮ることなくしっかりと準備していた。

 「いい投手ですので、ピッチャーのパターンに入ると相手も流れに乗る。そういう意味で何とか先取点を」と二回、下位打線が逆らわずに逆方向への連打で好機を演出すると、1番・藤原恭大外野手(1年)の右前2点打で先制点を奪った。

 五回にも低く鋭い打球を意識した各打者が4本の長短打で3点を奪って突き放すと、六回も攻撃の手を緩めずコールド勝ちまで持って行った。徹底した準備が無ければ、攻略に手間取っていてもおかしくないレベルの左腕。だが指揮官は「もっと1打席目から打っていかないと」と反省を口にする。

 4強に進出し、来春センバツの重要な参考資料となる近畿大会出場へあと1勝に迫った。準決勝は履正社と大商大堺の勝者とぶつかる。「これから強いチームも出てくると思います。1週間、しっかりと準備して臨みたい」と西谷監督は表情を引き締めた。

最終更新:10/8(土) 17:02

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。