ここから本文です

ソフトバンク先勝、内川が同点弾など3安打2打点「千賀が青ざめていたので」

デイリースポーツ 10/8(土) 17:09配信

 「パCSファーストS・第1戦、ソフトバンク4-3ロッテ」(8日、ヤフオクドーム)

 ソフトバンクが逆転勝ちで先勝。2-2の八回にロッテの2番手・内を攻め、1死満塁から今宮の左前2点適時打で勝ち越した。0-2の初回は2死三塁から内川の右越え適時二塁打で1点。三回も内川の左越え1号ソロで同点に追い付いた。

 先発・千賀は初回に2本塁打で2点を先制されたが、その後は追加点を与えずに7回4安打12奪三振2失点と好投。味方打線の逆転を呼び込んだ。

 3安打2打点1本塁打の内川は、まず初回の適時打について、「初回に2点先にいかれたので、なんとか早いうちに1点でも返さないという気持ちだった。千賀がものすごい緊張して最初のホームランを打たれたときに青ざめていたので『お前大丈夫か?』と聞いたら、『やべえっす』と言っていた。いつもあいつの場合は僕のことを先輩と思ってないんでね。千賀と森だけはね」と話して、スタンドの笑いを誘った。

 続けて三回の同点本塁打について聞かれ、「短期決戦なので、結果が良く出るのか悪く出るのか、どっちの確率も5割だと割り切って思い切ってやるしかないと思っている」と語った。

 チームはシーズン前半を独走しながら最後に3連覇を逃してCSを迎えたが、内川は「悔しかったし、優勝したかったが、2位が確定してヤフオクドームでやれると決まっていた。『まだまだ日本一になるチャンスはあるんだ』と監督も言ってくれていた。日本一へ向けて福岡の皆さんの力借りて頑張りたい」と語った。

最終更新:10/8(土) 17:15

デイリースポーツ