ここから本文です

DeNAが3発で巨人粉砕 梶谷、筒香、ロペスの本塁打でファイナル進出王手

デイリースポーツ 10/8(土) 17:22配信

 「セCSファーストS・第1戦、巨人3-5DeNA」(8日、東京ドーム)

 CS初出場となったレギュラーシーズン3位のDeNAが、10年連続でCSに出場している2位・巨人に逆転で先勝した。9日の第2戦に勝てばファイナルS進出となる。

【写真】梶谷が同点弾!DeNAファンも歓喜

 DeNAは0-1の三回、梶谷が巨人先発・マイコラスから中堅右へソロを放ち同点。1-2で迎えた六回には、4番の筒香が右翼席へ逆転2ラン。九回にはロペスが、代わったばかりの巨人4番手・沢村から左翼席へソロを放つと、さらに戸柱の左犠飛でこの回2点を奪った。

 先発の井納は7回7安打2失点と先発の役割を果たし、勝利投手となった。八回は田中、三上が無失点でしのぎ、2-5の九回は、山崎康が、2死から坂本に一発を浴び、なおも2死一塁としたが、村田を二ゴロに打ち取って試合を締めた。

 巨人は初回に長野の右前適時打で先制し、1-1の五回は阿部の中前適時打で勝ち越した。しかし先発のマイコラスが直後の六回、筒香に逆転2ランを浴びた。2-3の九回に登板した沢村も2点を失い、試合の流れをつかめなかった。

最終更新:10/8(土) 17:30

デイリースポーツ