ここから本文です

格安SIMサービスを利用している人は14.7% 利用率が最も高いのは楽天モバイル

エコノミックニュース 10/8(土) 19:36配信

 MMD研究所は、15歳~69歳の男女35,161人を対象に2016年9月26日~10月3日の期間で「2016年9月格安SIMサービスの利用動向調査」を実施した。

 まず、15歳から69歳の男女35,161人を対象に、格安SIMサービスの利用について聞いたところ、利用していると回答した人は14.7%だった。

 次に、格安SIMを利用していると回答した人(N=5,171)を対象に、メインで利用している格安SIMサービスを聞いたところ、利用率が最も高かったのは「楽天モバイル」で20.7%、次いで「OCNモバイルONE」が13.5%、「IIJmio」が9.2%で続いた。

 格安SIMサービス利用者(N=5,171)を対象にメインで利用している格安SIMサービスの契約プランを聞いたところ、音声通話プランを利用しているとの回答が53.8%、データ通信プランを利用しているとの回答は46.2%だった。
 
 契約プラン別に利用している格安SIMサービスを見てみると、音声通話プラン契約者(N=2,782)が利用している格安SIMサービスは、楽天モバイルが最も高く27.8%、次いでmineoが10.0%、OCNモバイルONEが9.4%となった。一方、データ通信プラン契約者(N=2,389)が利用している格安SIMサービスは、OCNモバイルONEが最も高く18.3%、楽天モバイルが12.3%、IIJmioが10.3%で続いた。

 格安SIMサービスを利用している人(N=5,171)を対象に、メインで利用している格安SIMを挿しているデバイスを聞いたところ、Androidスマートフォンが52.8%で最も高く、次いでiPhoneが27.2%、タブレットが10.6%、モバイルルーターが7.9%となり、利用者の8割がスマートフォンで利用していることがわかった。

 格安SIMを挿しているデバイス別に利用している格安SIMサービスを見てみると、Androidスマートフォン利用者(N=2,732)、iPhone利用者(N=1,408)、その他(N=70)は楽天モバイルの利用が最も高く、タブレット利用者(N=550)、モバイルルーター利用者(N=411)は、OCNモバイルONEの利用が最も高かったとしている。(編集担当:慶尾六郎)

Economic News

最終更新:10/8(土) 19:36

エコノミックニュース