ここから本文です

人妻ボクサー好川菜々、計量一発クリア「体調は一番良い」

デイリースポーツ 10/8(土) 20:01配信

 「ボクシング・WBO女子世界フライ級王座決定戦」(9日、堺市産業振興センター)

 調印式、前日計量が8日、堺市役所で行われ、人妻美女ボクサーで元東洋太平洋女子ライトフライ級王者・好川菜々(38)=堺東ミツキ=は、王座決定戦の相手、李恩恵(33)=韓国=とともに一発クリアした。

 昨年4月プロ5戦目でアナベル・オルティス(メキシコ)が持つWBA女子世界ミニマム級王座に挑んだが判定で完敗。進退に悩んだが、夫でトレーナーの野上真司氏(41)と二人三脚で再起。1年5カ月ぶり世界再挑戦の舞台をつかんだ。

 「体調はこれまでのプロ7戦で一番良い。世界チャンピオンになるために(メキシコ遠征など)苦しさを乗り越えてきた。明日はこれまで応援していただいた皆さんのためにも絶対に勝ち取りたい。今日は(試合前恒例の)ハンバーグを食べてパワーアップします」と肉食女子宣言した。

 ケンカもしながら夫婦で夢を追い続けた。「家に帰ってまだ事務的な仕事が残っているのでそれを片づけて、主人とケンカしないように明日を迎えたいと思います。明日は私たちの夢がかなう日」と力を込めた。野上氏は「明日は自分たちの人生を賭けた闘い。負ければ明日はない。明日を生きるために絶対に勝ち残る。WBOは自分もアジアタイトルを獲った特別な団体。妻で世界戦ができるのもとても縁を感じる。WBOでも夫婦でチャンピオンになりたい。勝って春木会長を胴上げします」と、死力でサポートを誓った。

 前WBO女子世界ライトフライ級王者の李は日韓対決に必勝態勢。「ここまでいい調整ができました。この試合は自分の集大成の試合。敵地なので判定で勝つのは難しいと思うので、はっきりとした形で勝ちたい。この後は大阪名物のうどんを食べて、夜はホテル近くにある韓国料理店で食事し、明日に挑む」と話していた。

最終更新:10/8(土) 20:11

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]