ここから本文です

巨人バッテリー意志疎通欠く 捕手は歩かせてもいいと思ったが…筒香に逆転2ラン

デイリースポーツ 10/8(土) 20:49配信

 「セCSファーストS・第1戦、巨人3-5DeNA」(8日、東京ドーム)

 巨人先発のマイコラスが、痛恨の1球を投じた。1点リードの六回、2死一塁。最も警戒していたはずの筒香に、逆転2ランを被弾した。

【連続写真】捨て身の阿部…頭からエキサイトシートに倒れ込む

 この場面、カウント3-1から女房役の小林誠は「歩かせてもいいと思った」と、外角ボールゾーンにチェンジアップを要求。だが、マイコラスは「アグレッシブに攻めようと思った。相手の読みが当たったのか、いいスイングをされた」とストライクゾーンに入れ、右翼席まで運ばれた。

 1球の重みが増す短期決戦で、痛恨のコミュニケーションミス。尾花投手コーチは「誠司(小林誠)は低めにボールでもいいって構えていたけど、そこは外国人の勝負をしたいという気持ちが出たんじゃないか」と説明したが、この1球が命取りになってしまった。

最終更新:10/8(土) 22:59

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。