ここから本文です

ちゃらんぽらん冨好 兄の通夜で「人生もフライング」…レースになぞらえ

デイリースポーツ 10/8(土) 21:08配信

 お笑い芸人・ちゃらんぽらん冨好真(56)の兄で、尿管がんのため6日に58歳で死去した元ボートレーサーの冨好和幸(とみよし・かずゆき)さんの通夜が8日、兵庫県尼崎市西長洲町3丁目7の7、阪神平安祭典会館で営まれ、ボート関係者ら約200人が参列した。

【写真】在りし日の兄・和幸さんと並んで…

 ちゃらんぽらん冨好は「最初は尿管がんで闘病していたが、最後は肝臓、十二指腸にも転移。9月25日に医者に呼ばれ『あと1~2日です』と言われたが、僕の誕生日の6日まで頑張ってくれた」と振り返った。

 58歳という早すぎる死に「レースでよくフライングしていたが、人生もフライング。早いな」と、悲しみをこらえるように話した。

 告別式は9日午後1時から同所で営まれる。

最終更新:10/8(土) 22:00

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]