ここから本文です

重盛さと美 おバカ「恥ずかしい」と家族が改姓と明かす

デイリースポーツ 10/8(土) 21:13配信

 タレント・重盛さと美(28)が8日、フジテレビ系で放送された「めちゃ×2イケてるッ!SP~20周年記念中間テスト~」に出演。3回目の“バカ”(チャンピオン)に輝いた。これまでの最多バカは、よゐこ・濱口優の6回。

 すでに2度、“バカ”チャンピオンに輝いていた重盛は、「家族が、(おバカの私と)一緒の名前が恥ずかしい、って名字変えたんです」と番組の途中で、衝撃の告白。最下位順位発表を前に「次とったら、もしかしたら(家族と)疎遠になるかも」と心配していたが、懸念したとおりの“バカ”達成となった。

 番組スタートから20周年を迎えたメモリアルイヤーにふさわしく、中間テストには重盛、濱口、辻希美、ダレノガレ明美、武田修宏を筆頭とする“歴代バカ”オールスターに加え、藤田ニコル、亀田興毅、亀田大毅らが参戦。『最強のバカ=ヤフートップバカ』を決める戦いが繰り広げられていた。

 重盛は数々の異次元の解答を繰り広げ、中でも「4年後のオリンピック開催地は?」の質問に「京東」と答えるおバカっぷりを露呈。この解答に、東大出身の菊川怜はあきれ顔で、濱口は「住所、どうやって書くねん」、デヴィ夫人も「あなた、どこで生まれたの?」とあきれていた。

最終更新:10/8(土) 23:11

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]