ここから本文です

綾部【一問一答(3)】「お笑い界の野茂英雄に」「ビッグになって戻ってくる」

デイリースポーツ 10/8(土) 23:39配信

 お笑いコンビ・ピースの綾部祐二(38)が8日、都内で会見し、来年4月から活動拠点をニューヨークに移すことを発表した。コンビは解散せず、芸人引退もしないものの、今後はNYに移り住み、将来的な俳優転身も視野に入れているため、ピースは事実上の活動休止となる。【以下、主な一問一答(3)】

【写真】堂々豪語「ビッグになるまで帰ってこない」

 -会社は辞めない。

 「吉本(の仕事)も、もちろんやります。本気で社長に『お笑い界の野茂英雄になりたいんです』って言ったら爆笑されまして、『おもろいな、やったらええわ』ということになりました」

 -仮にダメだったら。

 「半年で帰ってくる可能性もありますし、わかりませんよ。もしかしたら1年ぐらいで戻って来る可能性もありますけど、あくまで今の段階ではビッグになって戻って来たいなと」

 -仕事は3月いっぱいで終わる。

 「レギュラー番組などもありますが、夏ぐらいの段階でお話させていただいて、関係者の皆さまに快く応援していただきました」

 -半年あるが、気が変わる可能性は。

 「それはさすがにヤバイですよね。その時は吉本の本社前で土下座会見しますよ。絶対ないようにしますんで」

 -不安なところは。

 「めちゃくちゃありますよ。異国で1人でやるわけですから。言葉もわからない状態で、すごく不安ですけど、どうしてもそれよりもチャレンジしたいという思い。何言ってんだと言われるかもしれませんけど」

 -アメリカにコネは?

 「何人か知り合いの方はいますが、芸能関係はまったくないので、とにかくニューヨークに行ってみて、自分で走り回って、吉本のお力も借りたり、知り合いがいると言って下さる方もたくさんいるんで、そういう方たちに力を借りながら、一歩ずつ進んで行けたらなと」

 -資金面は。

 「昨日今日で決めたことではないので、自分でお金を貯めていた部分もありますし、向こうでどういうお仕事ができるかわからないので…。こうやって皆さんにお話できたことで、自分も動くことができるので、ここから半年でそういうのを進めていかなきゃならないという状況です」

最終更新:10/9(日) 0:05

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]