ここから本文です

綾部【一問一答(4)】「トム・クルーズが呼んでる気が」

デイリースポーツ 10/8(土) 23:39配信

 お笑いコンビ・ピースの綾部祐二(38)が8日、都内で会見し、来年4月から活動拠点をニューヨークに移すことを発表した。コンビは解散せず、芸人引退もしないものの、今後はNYに移り住み、将来的な俳優転身も視野に入れているため、ピースは事実上の活動休止となる。【以下、主な一問一答(4)】

【写真】堂々豪語「ビッグになるまで帰ってこない」

 -年齢的には結婚も視野に。

 「ここで今、結婚というよりは、まずこれだけの皆さんに集まっていただいて、大見得切って行くわけですから、まずはそっちに集中しないとなと。年齢も年齢ですから、その夢をサポートしてくれるすてきな方が現れれば踏み切るでしょうし。英語を覚えるにはガールフレンドができたらいいって言いますよね。だからその辺は積極的に」

 -好きな俳優は。

 「尊敬しているのは渡辺謙さん。40歳過ぎてから行かれて、ハリウッドで活躍してらっしゃいますから。僕は役者でもないのに目指しますというのは変ですけど、すごい方だなと」。

 -アメリカで憧れてる俳優は。

 「俳優でいうとトム・クルーズやブラッド・ピットの世代なので、めちゃくちゃ憧れてます。カッコイイですよね。ヒット作もいっぱいありますし。去年、トム・クルーズさんが来日した時、5メートルぐらい後ろでレッドカーペットを一緒に歩かせていただいたんですけど、なんかトムが呼んでる気がしたんですよね。1回だけ目を合わせて、『お前、5メートル後ろでいいのか?横に並べよ』って言ってた気がして」

 -ニューヨークの魅力は。

 「初めて15年の正月に行って、もともと憧れてた場所ではあるんですけど、すごくパワーとスピードを感じまして、味わったことのない感覚になりまして。今年の正月にまた行って、ここで勝負したいなという思いが強くなりました。ショーとかNBAとかジャズバーとかいろんなものを見ているうちに、何かこの国でできたらなと」

 -真剣ですね。

 「真剣ですよ。ボケでやってるわけじゃないです。将来的には、別にアカデミー賞を取るとかではなく、1回でいいからロスのレッドカーペットを歩くと。今年1人でシミュレーションしてきました」

 -ハリウッド映画に出て、日本に逆輸入という野望も。

 「そうですね。日本のバラエティー番組に、SPをつけて出るのが目標です」

 -解散ではないが、コンビ活動はできない。

 「事実上、そうなってしまいますが、何らかの形で日本でも仕事をする可能性もありますし、活動休止とか解散とかいう言葉は使わずに。先生が(アメリカに)いらっしゃることもあるかもしれませんし。コンビ間でもあまり大きく離れるもんだという認識はないです」

 -具体的には、何を目指しているのか。

 「ノープランというわけではないですけど、この世界に入る前にドラマとか出たいなと思っていて、芸人になって、ドラマや映画に出られるという形になったので、アメリカでもそうなるんじゃないかな、という安易な考えです。アメリカでビッグになるとだけ書いて下さい。何でビッグになるかはわかりません。歌でもいいんです。スターということにこだわってるんで」

 -日本に戻るタイミングは。

 「ある程度自分で、スターだなという実感が出たときに満を持して帰ってきますんで。日本人ですから、向こうでスターの感じを味わったら、生まれ育った日本でスターを味わいたい。オリンピックの凱旋パレードじゃないですけど、あれぐらいのことはやりたいですね」

最終更新:10/9(日) 9:20

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]