ここから本文です

ザ・ローリング・ストーンズの新作、エリック・クラプトンが2曲に参加

BARKS 10/17(月) 17:31配信

エリック・クラプトンがザ・ローリング・ストーンズの新作のレコーディングに参加したとの噂は、すでに7月、キース・リチャーズが認めていたが、クラプトンは収録される12曲のうち2曲でフィーチャーされているそうだ。

リトル・ジョニー・テイラーの「Everybody Knows About My Good Thing」とオーティス・ラッシュ(ウィリー・ディクソン作)の「I Can’t Quit You Baby」のカヴァーにゲスト参加しているという。

「常にザ・ローリング・ストーンズのハートとソウルにあり続けたブルース音楽への情熱と彼らのルーツに回帰した」新作『BLUE & LONESOME』では、このほか、ジミー・リード、リトル・ウォルター、ハウリン・ウルフの曲をカヴァー。ドン・ウォズとグリマー・ツインズ(ミック・ジャガー&キース・リチャーズ)がプロデュースした。当初噂された新曲はなく、全てカヴァー・ソングとなった。

『BLUE & LONESOME』のトラッキングリストとオリジナル・アーティストは以下のとおり。

「Just Your Fool」 (リトル・ウォルター)
「Commit A Crime」(ハウリン・ウルフ)
「Blue and Lonesome」 (リトル・ウォルター)
「All Of Your Love」 (マジック・サム)
「I Gotta Go」(リトル・ウォルター)
「Everybody Knows About My Good Thing」ft. エリック・クラプトン (リトル・ジョニー・テイラー)
「Ride ‘Em On Down」(エディ・テイラー)
「Hate To See You Go」(リトル・ウォルター)
「Hoo Doo Blues」 (Lightnin' Slim)
「Little Rain」 (ジミー・リード)
「Just Like I Treat You」 (ウィリー・ディクソン)
「I Can’t Quit You Baby」ft. エリック・クラプトン (ウィリー・ディクソン)

ザ・ローリング・ストーンズのメンバーは、新作のリリース発表を記念し、UK時間の10月12日午後7時(日本時間13日午前3時)よりTwitterでQ& Aセッションを行なう。現在、質問を受け付けている。

『BLUE & LONESOME』は12月2日にリリースされる。

Ako Suzuki

最終更新:10/17(月) 17:31

BARKS