ここから本文です

「SAMBA100年の歩み」、日本とブラジル両国の協力で開催される

MEGABRASIL 10/8(土) 18:00配信

来日したマイラ・フレイタスが迫力あるサンバを披露

ブラジルを代表する音楽、サンバ。サンバの歴史には諸説があるが、サンバの楽曲が初めて国会図書館に公式に登録されたのが、今から100年前の1916年のこと。ドンガという作曲家による「ペロ・テレフォーニ(電話で)」という曲だ。

この曲は、翌1917年のカーニバルの時期にヒットしたとされていることから、今年から来年(2016~2017年)にかけて国内外で、サンバ100周年を祝うさまざまなイベントが予定されている。

10月8日(土)14時50分ごろから、日本でも、ブラジル政府の協力の下、イベント「SAMBA100年の歩み」が開催された。会場となった恵比寿ガーデンプレイスのセンター広場、恵比寿文化祭特設ステージでは、ブラジルから来日した歌手マイラ・フレイタスが、サンバの名曲の数々を披露した。

サンバの重鎮マルチーニョ・ダ・ヴィラを父に、マルチナーリアを姉に持つマイラ・フレイタスは、ピアノ~キーボード奏者でもあるシンガー・ソングライター。ルーツに根差したサンバとともに育ちながら、7歳からピアノを学び、音楽院や大学ではクラシック音楽も学んでいる。影響を受けた音楽家として、バッハ、ベートーベン、ショパン、ブラームス、シューマン、ヴィラロボスといったクラシック音楽から、トン・ジョビン、シコ・ブアルキ、マリア・ベターニアなどのブラジル音楽、エラ・フィッツジェラルド、レイ・チャールズ、スティーヴィ・ワンダーといったアメリカ合衆国のジャズやR&Bの音楽家の名も上げている。

「SAMBA100年の歩み」では、やはり北米のジャズの影響を大きく受けたサンバ歌手エウザ・ソアーリスを思わせる、迫力のある骨太な歌声を会場に響かせた。キーボードを弾きながらスウィンギンにサンバをシャウトした曲では、会場を圧倒した。

マイラは今夜、マルコス・ヴァーリをはじめとするブラジル人ミュージシャンによるドリーム・バンド、ソンゼイラ・バンドの一員として、恵比寿ザ・ガーデンホールで開催される「モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン2016」の舞台にも立つ。

(文/麻生雅人)

最終更新:11/27(日) 21:05

MEGABRASIL