ここから本文です

[月刊G 11月号]田原誠次インタビュー「勝利の方程式に」新たなピース

スポーツ報知 10/8(土) 12:00配信 (有料記事)

◆打倒広島!勝つぞCS ポストシーズンのキーマンを直撃

 個性派サイド右腕・田原誠次投手(27)が、プロ5年目で大きく飛躍した。開幕から一軍に定着し、キレ味抜群のシンカーを武器に、終盤の勝負どころで存在感を発揮。今やブルペンに欠かせない存在となっている。なかなかスポットライトが当たらない役割を黙々とこなす背番号37に、好調の要因などを聞いた。取材日=9月2日 取材・構成=吉田智美(編集部)

―すでに登板数はキャリアハイ。飛躍のシーズンになっていますね。

「そうですね。ずっと一軍にいるのも初めてですし。ここまで来たら、60試合(取材日の時点で53試合)行きたいなと思っているので、残り試合が少なくなってきて、ちょっと焦るじゃないですけど、投げないと!みたいな気持ちになっています」

―開幕から一軍に定着。昨季までとの違いはどのあたりに?

「今までは二軍から上がってきて、一軍の流れに入っていく難しさみたいなものを感じていました。けれど、今年はキャンプからずっと一軍にいるので、一軍での流れのままこれている。いつも通りというか、そういう気持ちでできている。やりやすいなと感じています。あとは、一軍はお客さんの数も多いですし、かかるプレッシャーも違う。二軍はある程度登板(のタイミング)がわかっていますが、一軍はいつ行くか分からない。常に準備が必要ですし、気も使いますから、しんどさはありますが、その分、やりがいもあります」本文:6,125文字 この記事の続きをお読みいただくには、月刊ジャイアンツの購入が必要です。

  • 通常価格:
    360円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    308円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:10/13(木) 11:31

スポーツ報知