ここから本文です

マレーが同国対決でエドマンドを倒して準決勝へ [北京/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 10/8(土) 9:00配信

 中国・北京で開催されている「チャイナ・オープン」(ATP500/10月1~9日/賞金総額291万6550ドル/ハードコート)の男子シングルス準々決勝で、第1シードのアンディ・マレー(イギリス)が同胞のカイル・エドマンド(イギリス)を7-6(9) 6-2で下して準決勝に進出した。

 マレーは12本のサービスエースを記録し、エドマンドに握られた4つのブレークポイントのうち3つをセーブした。マレーは準決勝で、第5シードのダビド・フェレール(スペイン)と対戦する。フェレールは19歳のアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)を6-7(4) 6-1 7-5のフルセットの戦いの末に下して勝ち上がった。

 マレーはタイブレークで2-5とリードされていたが、最終的に5つ目のセットポイントをものにして第1セットを取った。エドマンドは第2セットの第2ゲームでブレークを果たして2-0としたが、マレーはそこから6ゲームを連取して試合を終わらせた。

ジョコビッチが故障のため、チャイナ・オープンを欠場

 また、残されていた2回戦の2試合は、第3シードのミロシュ・ラオニッチがマレク・ジャジリ(チュニジア)を6-3 6-4で、パブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)が第8シードのリシャール・ガスケ(フランス)を5-7 6-4 6-1で破り、準々決勝はラオニッチとカレーニョ ブスタの顔合わせとなった。 (C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: BEIJING, CHINA - OCTOBER 07: Andy Murray of Great Britain reacts during the Men's Singles Quarterfinals match against Kyle Edmund of Great Britain on day seven of the 2016 China Open at the China National Tennis Centre on October 7, 2016 in Beijing, China. (Photo by Emmanuel Wong/Getty Images)

最終更新:10/8(土) 9:00

THE TENNIS DAILY