ここから本文です

生まれつき目が見えない人は、視覚野を使って計算をしている?

ギズモード・ジャパン 10/8(土) 19:10配信

わたしたちの脳は思ったよりもフレキシブル。

ジョンズ・ホプキンス大学が行なった実験で、生まれつき目のみえない人は、脳の視覚をつかさどる箇所を利用して、数学の問題を解いていることが明らかになりました。

実験では生まれつき目のみえない17人と、目隠しをした視覚健常者19人に、数学の問題を暗算で解いてもらい脳の様子をMRIで観察しました。被験者は2つの方程式(例:「12-3=x」と「4-2=x」)を耳で聞いた後、Xの値が同じであるかどうかを解答します。

その結果、どちらも前頭葉や頭頂葉のあたりが活発に動いていた一方、目のみえない人たちのみ視覚野皮質が活発に動いていることがわかりました。さらにその動きが、方程式の難易度が上がるにつれてよりアクティブになっていることも確認されています。

今回の結果は、個人の育った環境や経験によって「数学的な問題を解く」という作業を脳のどの部分でどのような経路で処理するかが変化し得ることを示しています。

研究チームのMarina BednyさんはNPRのインタビューに対し、「視覚野が聴覚や触覚からの情報を処理できることはこれまでの研究で明らかになっていたが、あえて”数学の問題を解く”という五感とは無関係の行為で検証したかった」と答えています。

今回の研究結果は脳の特定の箇所に損傷を受けた患者の治療に役立てられる可能性、さらに今後の研究で目の見えない人々の脳がいつどの段階で視覚野を発達させていくのかの解明も期待されています。

image by yodiyim / Shutterstock

source:Proceedings of the National Academy of Sciences, NPR

(Haruka Mukai)

最終更新:10/8(土) 19:10

ギズモード・ジャパン