ここから本文です

新『銀河鉄道999』電車登場 描かれたキャラ、よく見ると… 西武

乗りものニュース 10/8(土) 19:05配信

「キャプテンハーロック」も

 西武鉄道が2016年10月8日(土)より、新しい「銀河鉄道999デザイン電車」の運行を開始しました。

【画像】西武が導入予定の「光学迷彩」特急電車

 同社は2009年から2014年まで、『銀河鉄道999』の作者である松本零士さんが西武鉄道沿線の練馬区内に居住していることや、同区がアニメの活用による地域活性化を推進していることなどにちなみ、3000系通勤形電車を使用した「銀河鉄道999デザイン電車」を運転していました。

 このたび新たに登場したのは、それに次ぐいわば“2代目”の「銀河鉄道999デザイン電車」で、車両には20000系通勤形電車を使用。デザインは、松本零士さんの描き下ろしです。

 そのベースカラーは、練馬区が東京23区で最も多く緑が存在していることにちなんだ「NERIMA GREEN(ねりまグリーン)」。『銀河鉄道999』のキャラクターである「メーテル」「鉄郎」のほか、松本零士作品のキャラクターである「キャプテンハーロック」も描かれています。

描かれているキャラクターたち、よく見ると…

 このたび登場した新「銀河鉄道999デザイン電車」のデザインについて、松本零士さんはある思いを込めたといいます。

「利用者のみなさんに元気をあげることができるよう、キャラクターの表情はすべて笑顔でデザインしました」(松本零士さん)

 新「銀河鉄道999デザイン電車」は、池袋線系統(池袋線、西武秩父線、豊島線、狭山線)を中心に、2019年3月末まで運行される予定です。

乗りものニュース編集部

最終更新:10/9(日) 1:03

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。