ここから本文です

ナダルは準々決勝でディミトロフに敗退 [北京/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 10/8(土) 15:00配信

 中国・北京で開催されている「チャイナ・オープン」(ATP500/10月1~9日/賞金総額291万6550ドル/ハードコート)の男子シングルス準々決勝で、第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)がグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)に2-6 4-6と、またも早めの敗退を喫した。ディミトロフに敗れたのは8度目の対戦で初めてだった。

 ナダルは今季2つのシングルス・タイトルを獲得しているが、それは4月のことだ。それ以降は左手首の故障、体調不全、不振など様々な理由から、一度も決勝に進むことができていない。

マレーが同国対決でエドマンドを倒し、準決勝へ [チャイナ・オープン]

 最初の5ゲームが両者すべてブレークとなる中、ディミトロフが第6ゲームで初めてキープを果たして4-2とリードした。ナダルは自らのサービスにかなり苦しんだ。

 第2セットの初めに連続5度目のブレークを食らったナダルだったが、離されないよう食い下がりながら最後まで戦った。

 ディミトロフがトップ10に対する勝利を挙げたのは、これで今年3度目だ。

「この勝利はかなりうれしいよ」とディミトロフ。「嘘はつかないよ。僕はここまでかなりの回数ラファと試合をしてきたが、接戦だったことは何度もあり、足がつっていたことも数回あった。ただ、いつも何かが起きていたんだ。今日の僕はただ素晴らしい試合をプレーした。シンプルに、それだけさ。僕はそのことを誇りに思う。積んできた努力が報われたんだ」。

 ナダルは来週の上海マスターズで、体勢を立て直せるようにしたいと言った。

「グリゴールは勝利に値した」とナダル。「このような試合に勝つためには、5度も自分のサービスゲームを落とすようなことは許されない」。

 一方、第1シードのアンディ・マレー(イギリス)が同胞のカイル・エドマンド(イギリス)を7-6(9) 6-2で下して準決勝に進出した。

 マレーは12本のサービスエースを記録し、エドマンドに握られた4つのブレークポイントのうち3つをセーブした。マレーは準決勝で、第5シードのダビド・フェレール(スペイン)と対戦する。フェレールは19歳のアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)を6-7(4) 6-1 7-5のフルセットの戦いの末に下して勝ち上がった。

 マレーはタイブレークで2-5とリードされていたが、最終的に5つ目のセットポイントをものにして第1セットを取った。エドマンドは第2セットの第2ゲームでブレークを果たして2-0としたが、マレーはそこから6ゲームを連取して試合を終わらせた。

「彼はこの試合を非常に厳しいものにしてくれたよ」とマレーは言った。「カイルは今、堅実なペースで上達している。彼のランキングは正しい方向に向かって動いていると思うよ。目指すところに近づきつつある」

 第3シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)はパブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)を6-4 6-4で下して準決勝でディミトロフと対戦する。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: BEIJING, CHINA - OCTOBER 07: Rafael Nadal of Spain reacts after losing the point against Grigor Dimitrov of Bulgaria during the Men's Singles Quarterfinals match on day seven of the 2016 China Open at the China National Tennis Centre on October 7, 2016 in Beijing, China. (Photo by Lintao Zhang/Getty Images)

最終更新:10/8(土) 15:00

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。