ここから本文です

700万円被害…次男装う手渡し詐欺 偶然次男が電話して発覚/草加

埼玉新聞 10/8(土) 22:02配信

 7日午後9時40分ごろ、埼玉県草加市のパート女性(77)の次男(44)から「母親が手渡し詐欺で700万円の被害に遭った」と草加署に電話があった。

 同署によると、6日午後7時半ごろから数回にわたり、女性方に次男を名乗る男から「投資するために借りた銀行の借金が払えない」などと電話があった。信じた女性は7日午後1時ごろ、草加市内の路上で、弁護士事務所職員を名乗る男に現金700万円を手渡した。

 同日、次男から偶然に電話があり、だまされたことに気付いた。職員を名乗る男は30歳ぐらい。身長170センチ程度、痩せ形、黒色短髪、黒っぽい服、黒色ショルダーバッグを所持していたという。

 同署で詐欺事件として調べている。

最終更新:10/8(土) 23:22

埼玉新聞