ここから本文です

おとぎ話の世界へ 相模原でトルコギキョウ展、10日まで

カナロコ by 神奈川新聞 10/8(土) 13:47配信

 相模原市南区下溝の県立相模原公園の大温室「サカタのタネ グリーンハウス」メインホールで8~10日、恒例の「トルコギキョウ展」が開催される。「おとぎ話の世界 アリスのティーパーティーへようこそ」と題して「不思議の国のアリス」の世界をさまざまな色や形のトルコギキョウの切り花やアレンジメントで表現。トルコギキョウの魅力を伝える。

 会場のあちこちでウサギや帽子屋、トランプの兵隊など、物語の場面を再現。花で飾ったケーキやティーポットが並ぶお茶会のテーブルも。

 使われているのは種苗会社「サカタのタネ」が開発した26種約1500本。トルコギキョウは北米原産のリンドウ科の花。1950年以降、品種改良が盛んになり、落ち着いた黄緑色が美しい「アンバーダブルモヒート」など新しい種類が誕生している。

 入場無料。問い合わせは公園管理事務所電話042(778)1653。

最終更新:10/8(土) 13:47

カナロコ by 神奈川新聞

なぜ今? 首相主導の働き方改革