ここから本文です

高梨臨、斎藤工とは「息もピッタリ」

Lmaga.jp 10/8(土) 17:00配信

映画『種まく旅人 夢のつぎ木』で主人公・彩音を演じた女優の高梨臨が、大阪「ツイン21」(大阪市中央区)で開催中の物産展に登場。トークショーをおこなった。

映画『わたしのハワイの歩きかた』の会見をした榮倉奈々と高梨臨

同映画は日本の第一次産業を応援するシリーズの第3弾で、高梨が演じたのは、桃の名産地・岡山県赤磐市で市役所に勤めながら桃農家を兼業する27歳・彩音。農林水産省から調査のためにやって来た木村治(斎藤工)の案内役を任され、次第に距離を縮めていく2人の前に農業の厳しい現実が立ちはだかるヒューマンドラマとなっている。

共演した斎藤工について、「何度かご一緒させていただいているので、お互いに普段話すようなノリでそのままやったという感じです。息もピッタリで、楽しくやらせていただきました」と語った高梨。そして、「産業を応援する意味でも大切な映画ですし、それでいて、誰もが楽しめる作品になりました。人と人との繋がりがステキで、あたたかい映画です」とPRした高梨。映画は11月5日より公開される。

最終更新:10/8(土) 17:00

Lmaga.jp