ここから本文です

マクラーレン「アロンソは予期せぬグリップ低下でスピン」/F1日本GP金曜

オートスポーツweb 10/8(土) 4:43配信

 2016年F1日本GPの金曜プラクティスで、マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは9位/8位、ジェンソン・バトンは13位/16位だった。

2016年第17戦日本GP 仲良く記念撮影するフェルナンド・アロンソとジェンソン・バトン(マクラーレン・ホンダ)

■マクラーレン・ホンダ・フォーミュラ1チーム
レーシングディレクター エリック・ブーリエ
 鈴鹿に到着すると、いつも最高の気分になる。さまざまな色があふれ、大勢のファン、フラッグ、贈り物……そういったものが、ここを訪れる経験を特別なものにしてくれるのだ。今年も同じだ。マクラーレン・ホンダのキャップを被り、Tシャツを着た人たちが大勢グランドスタンドにいて、今年さらにその数が増えているのを見て、心強い限りだ。

 今日の走行の話をすると、フェルナンドは午前中のセッションで小さなコースオフをしている。スプーンのふたつのコーナーの間で予期せぬ形でグリップがなくなったことで、リヤエンドのコントロールを失い、バリアをかすめる結果になった。幸いダメージは最小限にとどまり、リヤウイングのエンドプレートが壊れただけだったので、それほど作業に遅れは出なかった。

 午後にはドライバーふたりはマシンバランスとドライバビリティの向上のため、懸命に作業にあたった。100パーセント成功したわけではないが、マシンに変更を加えることによって、進歩することはできた。明日の予選に備えて、今夜、マシンのセットアップをさらに改善していくつもりだ。
  

[オートスポーツweb ]

最終更新:10/8(土) 4:49

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。