ここから本文です

マクラーレン「ホンダのホームでのQ1敗退に落胆。鈴鹿は手ごわかった」/F1日本GP土曜

オートスポーツweb 10/8(土) 19:17配信

 2016年F1日本GPの土曜予選で、マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは15位、ジェンソン・バトンは17位だった。

2016年第17戦日本GP 仲良く記念撮影するフェルナンド・アロンソとジェンソン・バトン(マクラーレン・ホンダ)

■マクラーレン・ホンダ・フォーミュラ1チーム
レーシングディレクター エリック・ブーリエ
 当然のことながら、ホンダのホームレースの舞台であるここ鈴鹿で、予選15位と17位にとどまったことに落胆している。

 それでもフェルナンドとジェンソンはいいラップを走った。(Q1において)最終的にふたりのタイム差は100分の数秒に過ぎなかった。残念ながら今日はそのわずかな差によって、一方はQ2に進み、一方は進めなかった。ジェンソンは極めて小さな差によってQ2進出を逃したのだ。

 鈴鹿は素晴らしいレースコースだ。実際ドラマティックでありチャレンジングだ。ただ、我々のマシンは、ここのロングストレートや中・高速コーナーとの相性がよくない。  

 いつもどおり、明日は世界チャンピオンポイント獲得を目指して最善を尽くす。しかし正直言って、それは困難な戦いになるだろう。
  

[オートスポーツweb ]

最終更新:10/8(土) 20:28

オートスポーツweb