ここから本文です

【スーパーGTタイ】上位3台は昨年と同じ顔ぶれに。VivaC 86がPPから“3度目の正直”狙う

オートスポーツweb 10/8(土) 19:32配信

 スーパーGT第7戦タイは8日、チャン・インターナショナル・サーキットでノックアウト形式の公式予選が行われ、GT300クラスはVivaC 86 MCが今季3度目、2年連続でタイラウンドのポールポジションを獲得した。

Q1
 午前中に行われた公式練習から3時間15分のインターバルを経て行われた公式予選。定刻の現地15時(日本時間17時)に予選Q1はスタートした。

 なお、先の公式練習で2番手につけていたシンティアム・アップル・ロータスは公式予選へ出走せず。これは、公式練習中に他車と接触があり、予選中にその修復が困難であると判断したためという。ロータスは公式練習中にスピンしており、その理由も他車との接触だ。

 Q1、Q2ともにコースアウトやクラッシュといった混乱はなく推移。序盤のアタックではGAINER TANAX AMG GT3がトップにつけていった。

 その直後、GAINER AMG GT3のタイムをVivaC 86 MCが更新。午前中から続く好調ぶりをアピールすると、さらにそのタイムを山田真之亮操るUPGARAGE BANDOH 86が上回り、マザーシャシー勢によるワン・ツー体制が築かれる。


 その後、ARTA BMW M6 GT3の小林崇志が1分33秒290でトップに浮上したものの、セッション終盤に中山雄一のTOYOTA PRIUS apr GTが1分32秒884を記録してタイムシート最上位に浮上。そのままセッション終了となった。

 Q2へは首位31号車プリウスから15番手のB-MAX NDDP GT-Rまでが進出。タイ2連勝中のB-MAXはわずか0.096秒差でQ2への切符を手にしている。また、ワイルドカード参戦のマザーシャシー、Arto 86 MCも10番手でQ2進出を果たしている。

 一方、午前中8番手につけていたHitotsuyama Audi R8 LMSが20番手でQ1敗退となったほか、もう1台のワイルドカード車両であるVattana BMW M6 GT3、ハイブリッド非搭載で臨んだ30号車TOYOTA PRIUS apr GTが姿を消している。

Q2
 1予選Q2は現地15時45分(日本時間17時45分)にスタート。まずはマネパ ランボルギーニGT3を先頭に各車続々とコースインしていく。


 セッション序盤はマネパ ランボルギーニ、triple a ランボルギーニGT3、63号車DIRECTION 108 HURACANとランボルギーニ勢がトップ3を占めていくが、2度目のアタックではGAINER TANAX AMG GT3、GAINER TANAX GT-Rの2台がトップタイムを更新してみせた。



 しかし、そのタイムをさらに塗り替えたのがVivaC 86の松井孝允だった。松井は1分31秒台目前の1分32秒102を記録してトップに立ってみせる。

 追いかけるB-MAX GT-Rは1分32秒797、3番手のGAINER GT-Rは1分32秒949とわずかに及ばず。VivaC 86が今季3度目、2年連続でタイのポールポジションを手中に収めた。



 4番手にはUPGARAGE BANDOH 86が続いたほか、5番手にARTA BMW M6 GT3、6番手にマネパ ランボルギーニとなっている。ワイルドカード参戦のArto 86は14番手だった。

 VivaC 86、B-MAX GT-R、GAINER GT-Rという並びは、奇しくも昨年の第3戦タイとまったく同じ。しかし、ポールを奪った松井は「今季3度目のポールだが、いまだ無勝利」と、“3度目の正直”に向けて意気込みをみせており、明日の決勝レースが去年と異なる展開になることは間違いない。

 明日9日(日)は現地9時50分(日本時間11時50分)に30分のフリー走行が行われ、現地15時(同17時)に66周の決勝レースがスタートする。

[オートスポーツweb ]

最終更新:10/8(土) 20:32

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。