ここから本文です

ベッテル「降格されても、今の速さがあれば挽回可能」:フェラーリ F1日本GP土曜

オートスポーツweb 10/8(土) 22:21配信

 2016年F1日本GPの土曜予選で、フェラーリのセバスチャン・ベッテルは4位だった。

2016年第17戦日本GP キミ・ライコネン(フェラーリ)が予選3位

■スクーデリア・フェラーリ
セバスチャン・ベッテル 予選=4位
 チームとして素晴らしい結果を出せた。僕自身については、Q3において、最終セクターがスムーズにいかず、大きくロスしてしまった。それでも全体的に見れば、とてもいい予選だった。セッションを通してマシンのハンドリングはすごくよかった。いろいろな要素が組み合わさってそうなったんだ。2台揃ってレッドブルの前で予選を終えられたことには満足している。

 明日はグリッド降格ペナルティのために少し後ろからのスタートになるけれど、それは仕方ない。受け入れるよ。僕らの速さが順位を挽回する助けになるだろう。何ができるか見ていこう。 

 かなり激しい戦いになると思う。それぞれがタイヤをどう扱うかが大きな要因になるだろう。ファーストスティントでは皆が同じコンパウンドでスタートする。それぞれの戦略がどう展開するか、注目していく。
  

[オートスポーツweb ]

最終更新:10/8(土) 22:22

オートスポーツweb