ここから本文です

ビートラム開幕 雨ものとも、迫力ステージ

北日本新聞 10/8(土) 22:20配信

 野外音楽イベント「ビートラム・ミュージック・フェスティバル2016」が8日、富山市の富山城址公園を主会場に始まった。初日は県ゆかりのアーティストを含めた15組が出演。時折降る強い雨をものともせず、白熱のステージを繰り広げた。9日まで。

 ビートラムは音楽を通し、市街地ににぎわいを生み出そうと、実行委員会が12年から開催。ことしは城址公園にメイン、プラタナスと、無料の「ビートラムの森 音楽食堂」の3ステージを設けた。

 メインステージには6組が出演。富山市出身の池田智子さんがボーカルを務める男女4人組バンド「Shiggy(シギー)Jr.(ジュニア)」が登場すると、雨で静かだった会場が一気に沸いた。ピンクのワンピース姿の池田さんは、メジャーデビュー曲「サマータイムラブ」などを熱唱。初の地元ライブで「本当にうれしい」と声を上げると、ファンが拍手で応えた。新潟のアイドルユニット「Negicco(ネギッコ)」のステージに出演する場面もあり、臨県共演に声援が飛んだ。

 「ORIGINAL LOVE」はヒット曲を次々と披露。DJダイノジは、持ち味を発揮した舞台で観客の声援を浴びていた。

 富山商工会議所、富山地方鉄道、北日本新聞社などでつくる実行委員会主催。

北日本新聞社

最終更新:10/8(土) 22:23

北日本新聞