ここから本文です

地域産業振興で協力 輪島市、東京農大と協定

北國新聞社 10/8(土) 2:41配信

 輪島市と東京農大は7日、包括連携協定を締結した。地域産業の振興や人材育成などで協力する。同市が大学と協定を結ぶのは3例目となる。

 同日、東京農大で締結式が行われ、梶文秋市長と高野克己学長が協定書にサインした。梶市長は同大OB3人が輪島市に移住し、活躍しているとし「若いアイデアを地域活性化に生かしていきたい」と話した。高野学長は「学生の学びと教員の研究のフィールドをいただけることをありがたく思う」と述べ、今後の連携に期待を込めた。同大が輪島市内で10年間、合宿を継続していることなどから、協定の締結に至った。

北國新聞社

最終更新:10/8(土) 2:41

北國新聞社