ここから本文です

石川県内初、つり下げスコアボード Bリーグ・武士団、8日に七尾でホーム初戦

北國新聞社 10/8(土) 2:41配信

 バスケットボール男子・Bリーグ3部(B3)の金沢武士団(サムライズ)は8、9日、七尾市の七尾総合市民体育館で大塚商会アルファーズとホーム開幕シリーズを戦う。7日は会場設営が行われ、県内初となる天井つり下げ型スコアボードがお目見えした。中野秀光社長は「相撲が盛んな地域なので世界初の桟敷席も設けた。お祭り気分で観戦に来てほしい」と来場を呼び掛けた。

 スコアボードの重さは約750キロあり、建設業者の協力で、天井の鉄骨にワイヤで持ち上げた。桟敷席にはござを敷き、飲食を楽しみながら観戦できる。ななお創業応援カルテットで創業した飲食店が串揚げやおでん、釜飯、ビールなどを販売するテントを設ける。

 開幕戦は8日午後1時半に開場し、エキシビションの男子U14能登選抜―かほく選抜、チアリーダー「舞姫団」の演舞、ルートインBCリーグの石川ミリオンスターズ選手のゲスト出演に続き、同6時に試合開始となる。9日は午前9時半に開場し、女子U14能登選抜―かほく選抜の交流試合後、午後2時試合開始となる。

北國新聞社

最終更新:10/8(土) 2:41

北國新聞社