ここから本文です

ハリルJがメルボルンで初練習、日本から-10度の寒さも本田「モスクワに4年間いたから」

ゲキサカ 10/8(土) 19:52配信

 11日のW杯アジア最終予選でオーストラリア代表と対戦する日本代表は8日午前、チャーター機でオーストラリア・メルボルンに到着し、同日夕、現地で初練習を行った。左足首のFW岡崎慎司(レスター・シティ)は前日10日に続いて別メニューで調整。6日のイラク戦(2-1)に先発したメンバーはフットバレーで汗を流すなど、リラクゼーションを兼ねた軽めのメニューとなった。

 オーストラリア戦が出場停止のDF酒井宏樹、10日の練習中に頭部を強打したDF長友佑都がチームを離脱し、23人でメルボルン入りしたハリルジャパン。現地時間午後5時の練習開始時点で気温は約15度と、日本からは10度ほど気温が下がり、肌寒い天候の下で再始動した。練習が終わるころにはさらに気温も下がり、選手からは口々に「寒いね」という言葉が漏れるほどだった。

 そんな中、練習後のミックスゾーンに半袖姿で現れたFW本田圭佑(ミラン)は「ビックリ。こんなに寒いとは思わなかった」と驚きながらも、「モスクワに4年間いたから。もともと寒いのは嫌いじゃない。こういう中でやるほうが動けるので」と穏やかな笑みを浮かべた。

 後半アディショナルタイムの劇的ゴールでイラクを下し、その勢いに乗って敵地に乗り込んできた。「イラク戦に勝ててよかったけど、その勝利もオーストラリアに勝つか負けるか、あるいは引き分けるかによって大きく変わる」と指摘。グループ最大のライバルとの大一番を「ここにかける思いは選手もスタッフもある。ある意味、決勝ぐらいの気持ちで戦わないといけない」と決意を口にした。

最終更新:10/8(土) 22:54

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。