ここから本文です

独RWE傘下のイノジーが上場、株価上昇-大型IPOを実施

Bloomberg 10/7(金) 16:20配信

ドイツのエネルギー会社RWEの傘下で再生可能エネルギーなどを扱うイノジーが7日、フランクフルト証券取引所に上場し、新規株式公開(IPO)価格を上回る株価となっている。欧州でのIPOとしては2011年のグレンコア以降で最大となった。

イノジー株は37.30ユーロと、IPO価格を3.6%上回る水準で取引が始まった。RWEの株価はフランクフルト時間午前9時21分(日本時間午後4時21分)現在、1.2%安。

6日の発表資料によれば、RWEはイノジー全体の10%に相当する新株を1株当たり36ユーロで発行。仮条件は32-36ユーロだった。RWEとイノジーは上場に伴い最大50億ユーロ(約5800億円)を集める。ドイツでのIPOとしては2000年のドイツポスト以来最大。IPO価格は仮条件の上限に設定され、イノジーの価値を200億ユーロと評価するものとなった。

原題:Innogy Prices at Top of Range for $22.3 Billion Valuation(抜粋)Innogy Trades Above Offer Price After Biggest IPO Since Glencore(抜粋)

7日の株価を追加して更新します.

Tino Andresen

最終更新:10/7(金) 17:54

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。