ここから本文です

オダギリジョー、『続・深夜食堂』でも“いい味”出してる!? 映画とドラマで別人役

cinemacafe.net 10/9(日) 10:30配信

小林薫を主演に安倍夜郎の大ヒットコミックをドラマ化し、現在の食ドラマブームの先駆けとなった「深夜食堂」が、再びスクリーンに戻ってくる『続・深夜食堂』。本作で、映画化第1弾から続投しているのが、オダギリジョーだ。今年、出演作が相次いで公開され、40代を迎えて絶好調のオダギリさんは、10月21日からスタートするNetflixの新ドラマ「深夜食堂-Tokyo Stories-」ではまったくの別人役を演じている。

【画像】着物姿のオダギリジョー

深夜になると開店する、繁華街の路地裏にある小さな食堂「めしや」。マスター1人で切り盛りする小さなお店の営業時間は、深夜0時から朝の7時ごろまで。「深夜食堂」と呼ばれるその店のメニューは「豚汁定食、ビール、酒、焼酎」それだけ。「できるもんなら何でも作るよ」と言うマスターが出す懐かしい味を前に、夜毎さまざまな人々が集まり、悲喜こもごもな人生ドラマが巻き起こる。

ある夜は、常連たちが揃いも揃って喪服姿で現れる。そんな中、1人喪服姿で来た範子(河井青葉)。だが、彼女は喪服を着ることがストレス発散という一風変わった女性だった。そんな彼女が、本当の通夜の席で喪服の似合う渋い中年男(佐藤浩市)と出会い、心惹かれて…。また、近所のそば屋の息子・清太(池松壮亮)は父亡きあと、店を切り盛りする母親・聖子(キムラ緑子)が子離れしてくれず、年上の恋人さおり(小島聖)との結婚を言い出せずにいた…。お金に困った息子に頼まれ、九州からやってきた夕起子(渡辺美佐子)。息子の同僚という男性に大金を渡してしまう。「騙されたのでは?」と常連客たちも心配するが、あまり気にも留めぬ様子。そんな折、迎えにやって来た義弟(井川比佐志)が、夕起子の身の上話を明かし…。

小林さん演じる「めしや」の渋くて頼れるマスターをはじめ、今回も店を訪れる客たちに個性的な豪華俳優陣が集った本作。中でも、オダギリさんは2015年の映画化第1弾に引き続き、「めしや」のある“よもぎ町”交番の警察官・小暮役で出演する。

今年は1月放送のドラマ「重版出来!」での、ストイックで頼れるコミック誌の副編集長・五百旗頭(いおきべ)役に始まり、9月公開作『オーバー・フェンス』では、過去に訳ありの冴えないバツイチの中年役、10月29日公開『湯を沸かすほどの熱い愛』では、宮沢りえ演じる主人公の頼りないが憎めない夫役と相次いで話題作に出演、飛ぶ鳥を落とす勢いで躍進を続けている。

本作でオダギリさん演じる小暮といえば、町交番勤務の警官で、飄々として掴みどころがないが、マスターとはツーカーの仲。「めしや」で困ったことがあると仲介してくれる役どころだ。凛々しい警察官の制服姿とは裏腹に、おだやかな語り口とマイペースさで、女性たちをほっこりとさせる不思議な魅力を放っている。実力派かつ個性的なキャスト陣の中でも独特の存在感を発揮するオダギリさんは、マスターが手掛ける料理に負けず劣らず、“いい味“を出している。

ちなみに、Netflixオリジナルドラマとして配信スタートする最新シリーズ「深夜食堂-Tokyo Stories-」にも、オダギリさんは出演。ドラマオリジナルのキャラクターとして、これまでのシリーズにもチラチラと登場していた、「めしや」にふらっと現れる謎の男・カタギリ役を演じている。着物姿がサマになるミステリアスなキャラクターで、こちらも気になるところ。

40代に突入し、俳優としてノリにのっているオダギリさんの最新作として、映画もドラマも見逃せなくなりそうだ。

映画『続・深夜食堂』は11月5日(土)より全国にて公開。

Netflixオリジナルドラマ「深夜食堂-Tokyo Stories-」は10月21日(金)より配信開始。

最終更新:10/9(日) 10:30

cinemacafe.net