ここから本文です

エアバスの16年9月納入62機、受注49機 A350はチャイナエアに初号機

Aviation Wire 10/9(日) 16:03配信

 エアバスの2016年9月の引き渡しは62機(前年同月49機)、受注は49機(121機)となった。A350 XWBはチャイナエアライン(中華航空、CAL/CI)向け初号機を含む5機を引き渡した。

 引き渡しの内訳は、A320シリーズが53機(前年同月37機)、A330シリーズが3機(9機)、A350シリーズが5機(1機)、A380が1機(2機)だった。

 A350はチャイナエアライン向け初号機のほか、カタール航空(QTR/QR)とキャセイパシフィック航空(CPA/CX)、フィンエアー(FIN/AY)、ブラジルのTAM航空(TAM/JJ)とチリのラン航空(LAN/LA)によるLATAMエアライン・グループに1機ずつ引き渡した。

 A380はエミレーツ航空(UAE/EK)に引き渡した。

 受注はA320シリーズが38機(前年同月114機)、A330シリーズが11機(6機)、A350シリーズが0機(1機)、A380が0機(0機)だった。

 A320は38機中18機がA320neoファミリーで、計2社から受注した。

Yusuke KOHASE

最終更新:10/9(日) 16:03

Aviation Wire