ここから本文です

【週間PVランキング】『ニューダンガンロンパV3』の新情報を公開した先出し週刊ファミ通記事が1位を獲得!【10/1~10/7】

ファミ通.com 10/9(日) 0:02配信

文:編集部 ばしを

●PS VR発売前最後の週のPVランキングをお届け!
 いよいよプレイステーション VR発売まで、あと数日といったところになりました。皆さんは無事に予約できたでしょうか。筆者は7月23日の予約開始日、始発が動く少し前くらいに大型量販店に並びに行き、無事に予約することができました。今週末はせっかくの三連休なのに早く過ぎ去って、いますぐにでも10月13日になってほしい気分です。
 昭和中期の時代、各家庭にやってきたテレビは、おそらく夢のような楽しさをもたらせてくれたことと思います。今年いっきに発売されるVR機器も、そんな驚きや感動をもたらせてくれるに違いありません。そんな来たるべき未来のスタートを体験できることを楽しみにしつつ、あと幾日を過ごしたいと思います。
 前置きが長くなってしまいましたが、今週の週間PVランキングをお届けします。

【1位】
【先出し週刊ファミ通】『ニューダンガンロンパV3』才囚学園の校則やヒミツが判明! さらに出演声優の情報も!(2016年10月6日発売号)

 今週の1位は、『ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期』の新情報を4ページにわたって紹介している週刊ファミ通2016年10月20日号の先出し記事が獲得。同記事では、舞台となる才囚学園の校則やヒミツ、そして、出演声優の情報などが紹介されている。今回、新たに公開された出演声優のリストに、山寺宏一さんの名前があえて5回書かれているのは、いったいどんな意味があるのだろうか。今後の続報に期待したい。

【2位】
Amazonで“ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ”予約受付開始! 限定特典“ポストカード30枚”付きもあり!

 9月30日に発表され、かつてファミコンを遊んだ世代から、ファミコンに触れたことのない世代まで、あらゆるゲームファンの話題をさらった“ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ”のamazonでの予約開始情報が2位にランクイン。先週のPVランキングでは、集計間近での公開情報だったため、9位となっていたが、その後も話題を集め続け、今週は見事に2位にジャンプアップ。期待度の高さがうかがい知れる結果になった。

【3位】
【先出し週刊ファミ通】爆乳ウォーターバトル開幕! 『閃乱カグラ PEACH BEACH SPLASH』で濡れて透けて咲き乱れろ!!(2016年10月6日発売号)

 今週の3位は、少女たちが咲き乱れる人気シリーズ『閃乱カグラ』のシリーズ5周年を飾るタイトル『閃乱カグラ PEACH BEACH SPLASH』(以下、『閃乱カグラPBS』)の先出し週刊ファミ通記事。2016年10月20日号の週刊ファミ通では、爆乳プロデューサー、高木謙一郎氏のインタビューや、胸天動地の特典情報など、10ページにも及ぶボリュームで、『閃乱カグラPBS』の魅力が紹介されているぞ。

【4位】
『ポケットモンスター サン・ムーン』最初のパートナーとなる3匹のポケモンの進化した姿が明らかに! 最新ゲーム映像も公開

 2016年11月18日発売予定のニンテンドー3DS用ソフト『ポケットモンスター サン・ムーン』で、最初のパートナーとなる3体のポケモンの進化した姿に関するニュース記事が今週の4位に。それぞれのポケモンの性格や特徴なども紹介されているので、長いつきあいになるであろう初期ポケモンたちの情報をしっかりと確認して、いまからどのポケモンを最初に選ぶのかじっくり考えてみてはいかが。

【5位】
ファミコンが手のひらサイズに! 任天堂が“ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ”を発表、往年の30作品収録で11月10日発売

 先週のPVランキングで3位に入っていた“ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ”(以下、ファミコンミニ)のニュース記事が、今週も5位にランクイン。今回のランキングでは、2位と9位にもファミコンミニの話題が登場しており、二週に渡ってこれだけの話題を集めているのはさすが。発売までおよそ一ヵ月。この映像のように、早く手の中にファミコンミニを収めたいところだ。

【6位】
『ペルソナ5』今週&来週のDLC情報が一挙公開! 10月13日より新規難易度“CHALLENGE”も登場

【7位】
『閃乱カグラ PEACH BEACH SPLASH』ウォーターガンを手に少女たちが“濡れ、透け、乱れる”!!

【8位】
女優デビューの決まったAI“りんな”公式ブログの様子が……!? 閲覧はくれぐれも自己責任で!

【9位】
ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ日本版と海外版の違いまとめ

【10位】
【先出し週刊ファミ通】『戦国無双 ~真田丸~』真田信之(壮年期)、村松殿、武田勝頼、徳川秀忠を公開!(2016年10月6日発売号)

●実写版『デスノート』で“L”を怪演した松山ケンイチさんが、ふたたび“L”として登場!
筆者が気になった今週のニュースはこちら。

映画『デスノートLNW』松山ケンイチ演じる探偵・Lが8年ぶりに降臨!!

 ゲームの話題ではありませんが、映画『デスノート』に、松山ケンイチさん演じる“L”が登場するというニュースは、映画好きの筆者が今週もっとも気になった話題です。松山ケンイチさんは、(死神を除いて)リアル指向のキャラクターたちが多数登場するマンガ版『デスノート』のなかでひときわ異彩を放ち、よく言えば個性的、悪く言えばふざけすぎて、いちばん実写に向いていないキャラクターである“L”を見事に演じきっていましたが、その“L”がどのように新しい『デスノート』に関わってくるのか。いまから公開日が待ち遠しいです。

※過去の週間PVランキングはこちら



(C)Spike Chunsoft Co., Ltd. All Rights Reserved.
(C)2016 Nintendo
(C)2016 Marvelous Inc.
(C)2016 Pokemon. (C)1995-2016 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Pok?monは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
(C)大場つぐみ・小畑健/集英社 (C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

最終更新:10/9(日) 0:02

ファミ通.com