ここから本文です

【パリモーターショー16】アウディ RS3 セダン、最新車載インフォ採用

レスポンス 10/9(日) 7:30配信

ドイツの高級車メーカー、アウディが9月29日、フランスで開幕したパリモーターショー16でワールドプレミアした『RS3セダン』。同車には、最新の車載インフォテインメントシステムが採用されている。

画像:アウディ RS3 セダン

RS3セダンのディスプレイは、人間工学に基づいたフラットな階層と巧みにリンクされたメニューにより、直観的に操作できる。コントロールスイッチのメインは、センタートンネルのコンソール上に設置されたロータリー/プッシュボタン。最上級のインフォテイメントシステムの「MMIタッチ付きMMIナビゲーションプラス」を選択すると、ターミナルにタッチパッドが追加され、画面のスクロール、ズーム、文字入力などが行えるようになる。

さらに、フリーテキストサーチ機能も採用。最初の数文字を入力するだけで、様々な情報についての検索結果が表示される。ボイスコントロールシステムも、日常的な言葉遣いによるコマンドや質問を聞き取ることが可能。

標準のMMIスクリーンは、電動格納タイプの7インチタイプ。フルデジタルのアウディ バーチャル コクピットもオプション設定された。高解像度を誇る12.3インチモニターの画面は、3つのディスプレイモードを選択できる。

インフォテインメントシステムには、「アウディ フォンボックス」を用意。Qi規格に基づいたスマートフォンの非接触充電を可能にしているほか、近接カップリングテクノロジーにより、ケーブルなどを使うことなく、スマートフォンを車載のアンテナに接続して受信能力を改善する。さらに、バング&オルフセン サウンドシステムは、14個のスピーカーと出力705Wのアンプにより、素晴らしいサウンドを届けてくれる。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:10/9(日) 7:30

レスポンス