ここから本文です

<今週のイケメン>本木雅弘が主夫ぶり明かす 福山はメル友告白 婚約の早乙女友貴も

毎日キレイ 10/9(日) 15:40配信

 1週間のイケメン有名人の話題を紹介する「今週のイケメン」。今回(9月30日~10月6日)は、本木雅弘さんが主演映画のトークショーに出演した話題、福山雅治さんが主演映画の初日舞台あいさつに登場した話題、早乙女太一さんの弟で、SPEEDの島袋寛子さんとの婚約を発表した早乙女友貴さんが舞台の製作発表に登場した話題などが注目された。

【写真特集】モックンがかっこよすぎ! 福山、早乙女友貴も

 本木さんは10月3日、義理の母で女優の樹木希林さんと、東京都内で行われた映画「永い言い訳」(西川美和監督、14日公開)の試写会でトークショーを行った。「樹木さんはたびたび私たちが住んでいる階に片付けだけをしに来る」と本木さんが明かすと、樹木さんは「実にいいコンビなんですよ。私が(食器を)洗っていると(本木さんが)端から上手に拭いていく」とにっこり。本木さんは「毎回じゃないですけど、娘の下着もたたんだりしますね」と“主夫ぶり”を明かし、周囲を感心させていた。

 「永い言い訳」は、直木賞候補に選ばれた西川監督の小説が原作。妻とその親友を亡くした人気作家・津村啓こと衣笠幸夫(本木さん)が、妻の親友の子供たちの世話を買って出ることにする……というストーリー。

 福山さんは1日、東京都内で行われた主演映画「SCOOP!」(大根仁監督)の初日舞台あいさつに出席。自身の“スクープネタ”を明かすことになると「黒柳徹子さんとメールアドレスを交換した」と告白。「ものすごくうれしくて、割とメールを送らせていだたいて。すみません、徹子さん、うれしくてしゃべっちゃいました」と笑顔を見せた。

 「SCOOP!」は、1985年に制作された原田眞人監督・脚本の作品「盗写1/250秒」が原作。芸能スキャンダルから社会事件まで、スクープという獲物を追い求める中年写真週刊誌カメラマンと新人記者が、日本中が注目する大事件に巻き込まれていく……と展開する。

 島袋さんと婚約を発表した早乙女さんは9月30日、東京・新宿の花園神社で行われた舞台「あずみ~戦国編」の公演成功祈願・製作発表会に登場。報道陣から祝福の言葉をかけられると「ありがとうございます」と照れ笑いし、結婚の時期については「タイミングがあえば、来年くらいには」と明かした。また婚約発表後の生活について「特に何も変わらない。いつも通りです」とコメント。島袋さんとの年の差が12歳あることについて「(年の差は)感じない。何も感じないです」と明かし、「お互い支え合って歩んでいけたら」と話した。

 「あずみ~戦国編」は、マンガ誌「ビッグコミックスペリオール」(小学館)で1994~2014年の20年間連載された小山ゆうさんの時代劇マンガが原作。刺客として育てられた少女あずみの生きざまを描いており、昨年、話題を集めた「AZUMI 幕末編」に続く川栄李奈さんの主演作。11月11~27日に東京・六本木のZeppブルーシアター六本木で上演される。

最終更新:10/9(日) 15:42

毎日キレイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]