ここから本文です

ピース綾部 来年4月からNY移住 解散は否定もコンビ活動は事実上休止

デイリースポーツ 10/9(日) 5:59配信

 お笑いコンビ・ピースの綾部祐二(38)が8日、都内で会見を行い、来年から活動拠点を米・ニューヨークに移すことを発表した。ピースは解散せず、芸人引退もしないものの、将来的な俳優転身も視野に入れているため、コンビとしては事実上の活動休止となる。

 相方の大偉業の裏で一大決心していた。都内での単独ライブでファンに報告後、会見した綾部は「どうしてもアメリカの方で勝負したいという気持ちが捨てきれず、4月からその夢に向かってニューヨーク(NY)に住んで、活動をそちらでやっていきたいということに決めました」と晴れやかな笑顔で話した。

 デビュー前から俳優に憧れ、いつかは米国で活動したいという夢を持っていたという。相方の又吉直樹(36)が昨年7月に小説「火花」で芥川賞を受賞。又吉を「先生」と呼ぶほどの“格差”が生まれたが、その刺激が結果として、綾部の背中を押した。

 現在レギュラー番組9本を抱えているが、3月までにすべて降板する。決断した理由について「“先生”はかなりの偉業を成し遂げたので、自分もこのままでいいのかという思いが強くなって」と説明。又吉には6月ごろ、米国進出を決めたことを報告した。「もともと『アメリカ行ったら面白いんちゃう?』って言ってくれてたので、その時もすんなり『そうなん』って感じでした」と振り返った。この日、又吉は同席しなかったが、会場の隅で会見の様子をじっと見ていたという。

 コンビは解散せず、所属も吉本興業のままだが、当面はNYに定住するため、2人での活動は休止となる。「期間は別に設けてないです。向こうに行って、ビッグになるまで帰ってこないつもりでいます」。まずはコメディアンとして仕事を模索しながら「まったくしゃべれない」という英語を勉強するといい、「将来的にはハリウッドスターとしてレッドカーペットを歩きたい」と夢を口にした。

 4月放送の日本テレビ系「アナザースカイ」でもハリウッドの夢を語り、NYを「いつか勝負する場所。7年後ぐらいには」と話していた綾部。壮大な挑戦が、幕を開ける。

最終更新:10/9(日) 7:31

デイリースポーツ