ここから本文です

ルージュバックが23年ぶりの牝馬V! いざGIへ!/毎日王冠

netkeiba.com 10/9(日) 15:51配信

 9日、東京競馬場で行われた毎日王冠(3歳上・GII・芝1800m)は、道中は後方2番手に構えた戸崎圭太騎手騎乗の1番人気ルージュバック(牝4、美浦・大竹正博厩舎)が、直線で外から脚を伸ばして、中団追走から一旦は先頭に出た3番人気アンビシャス(牡4、栗東・音無秀孝厩舎)と競り合い、最後はこれをクビ差下して優勝した。勝ちタイムは1分46秒6(稍重)。

 さらに3馬身差の3着に11番人気ヒストリカル(牡7、栗東・音無秀孝厩舎)が入った。なお、2番人気ステファノス(牡5、栗東・藤原英昭厩舎)は直線で前が塞がる場面もあって5着に終わった。

 勝ったルージュバックは、父マンハッタンカフェ、母ジンジャーパンチ、その父Awesome Againという血統。強豪牡馬を見事に下し、6月のエプソムCに続く重賞連勝を飾った。牝馬による毎日王冠制覇は1993年のシンコウラブリイ以来、23年ぶり。

【勝ち馬プロフィール】
◆ルージュバック(牝4)
騎手:戸崎圭太
厩舎:美浦・大竹正博
父:マンハッタンカフェ
母:ジンジャーパンチ
母父:Awesome Again
馬主:キャロットファーム
生産者:ノーザンファーム
通算成績:11戦5勝(重賞3勝)
主な勝ち鞍:2016年エプソムC(GIII)

最終更新:10/9(日) 18:24

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

なぜ今? 首相主導の働き方改革