ここから本文です

ヤマシタトモコが描く、少女×中年男の人格入れ替わりドラマがFYで完結

コミックナタリー 10/9(日) 10:55配信

発売中のフィール・ヤング11月号(祥伝社)にて、ヤマシタトモコ「WHITE NOTE PAD」が最終回を迎えた。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「WHITE NOTE PAD」に登場するのは、2年前に体が入れ替わってしまった19歳の小田薪葉菜と、40歳の中年男・木根正吾。中身は葉菜の新・木根は、他人と恋愛することなどまるで興味が湧かず、編集部のバイトとして奮闘する日々を送っていた。そんなとき中身が木根の新・葉菜は恋人である城田の子供を妊娠してしまい……。2人に迫った運命の選択が、63ページのボリュームで展開される。

またアイドルオタクのOL・月島さんと、そんな彼女に一途な警察官の久我を描く、阿弥陀しずくによるラブコメディ「からっぽダンス」も完結。町麻衣「アヤメくんののんびり肉食日誌」の実写映画化も明らかになった。

なお「アヤメくんののんびり肉食日誌」の6巻や、いくえみ綾「あなたのことはそれほど」の4巻、はらぺこ編集部による「漫画家ごはん日誌 たらふく」もフィーヤン11月号と同日発売。11月8日発売の次号12月号には、志村貴子のシリーズ連載第2話「ビューティフル・チューズデー」や、ストーリー初登場となる御徒町鳩の読み切り「うちのおにいちゃん(仮)」が掲載される。

最終更新:10/9(日) 10:55

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]