ここから本文です

「ボンバーさけチー」って何? さけるチーズ、こっそりレア包装が混入 確率や狙いを雪印メグミルクに聞く

withnews 10/9(日) 7:00配信

 酒のつまみとして定番の「さけるチーズ」。この雪印メグミルクのロングセラー商品に「変わったパッケージがある」とツイッター上で話題になっています。「さける」を通り越して「爆発している」ようにも見えますが、ニセモノや類似品ではありません。社内では「ボンバーさけチー」と呼ばれている、このパッケージ。どれくらいの確率で存在していて、どんな狙いがあるのか? 雪印メグミルクに聞きました。

【写真】「ボンバーさけチー」全種類を公開。おしるこ、茶漬け、しゃぶしゃぶ……意外なレシピも紹介

さけるチーズとは

 さけるチーズの前身である「ストリング チーズ」が誕生したのは1980年で、当時の雪印乳業が開発しました。さいたときのサキイカのような形状、シコシコ・キュッキュと弾力性のある食感は当時からの特徴です。

 1995年に「さけるチーズ」に名前を変更。定番の「プレーン」「スモーク味」だけでなく、新しいフレーバーも追加してきました。お酒のつまみとしてだけではなく、子どものおやつや、料理のアクセントといった食べ方も提案し、味や食感の改良を繰り返して今に至ります。

 現在販売されているのは以下の5種類です。

「プレーン」
「スモーク味」
「ローストガーリック味」
「バター醤油味」
「とうがらし味」

「ボンバーさけチー」の理由

 そんなさけるチーズに、変わったパッケージが一部存在するそうです。
 
 ツイッターで「ボンバーさけチー」と検索すると、パッケージに印刷されたチーズが爆発したようにさけている画像が表示されます。中にはリツイートが5万を超えているものもあります。

 なぜ、こんなパッケージを準備したのか? 昨年9月からスタートしたこの取り組みについて、雪印メグミルクの広報担当者はこう話します。

 「他のチーズにはない『さいて食べる』というエンターテイメント性があるので、そのワクワク感がお客様に伝わればいいな、と思って採用しました」

当たる確率は

 ただし、5種類すべてというわけではなく、「バター醤油味」(2本入りのみ)と「ローストガーリック味」(2本入り、1本入り)、「とうがらし味」(2本入り、1本入り)の3種類のみです。割合については1本入りが32分の1、2本入りだと16分の1の確率だそうです。

 ちなみに、とうがらし味については、燃えさかる炎をイメージした形になっているため、「ボンバーさけチー」ではなく、「ファイヤーさけチー」と呼んでいるそうです。

 定期的にネットを賑わせているこの試み。広報担当者は「パッケージを見て『さけるチーズって、いつも面白いことやってるよね!』とお客さまに思って頂けたらうれしいです」と話しています。

最終更新:10/9(日) 7:00

withnews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。