ここから本文です

【暫定スターティンググリッド】2名にペナルティ/F1日本GP

TopNews 10/9(日) 11:52配信

F1日本GPの暫定スターティンググリッド。

昨日の予選結果にペナルティを科せられたのは2名。セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)とパスカル・ウェーレイン(マノー)だ。

● 【速報】バトン35グリッド降格、新PU投入/F1日本GP

■ベッテル、3グリッド降格

ベッテルは、3グリッド降格となった。理由は、先週のF1マレーシアGP決勝レース1周目、1コーナーでニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG)とのクラッシュを引き起こしたためだ。

また、ベッテルには2ペナルティポイントも科せられており、12ヶ月合計で累計4ポイントとなっている。

■ウェーレイン、5グリッド降格

ウェーレインは、6レース連続でギアボックスを使用することなく交換したため、5グリッド降格のペナルティとなった。

しかし、予選結果でも最下位の22番手だったため、実質的にはスターティンググリッドの変動はない。

11時の時点では審議中の案件はないため、ギアボックスなどの交換がなければ、このままの順位で14時にレースはスタートする。

最終更新:10/9(日) 12:23

TopNews