ここから本文です

シンガポール航空、モーリシャス航空とコードシェア開始へ 11月から

レスポンス 10/9(日) 10:30配信

シンガポール航空は10月6日、モーリシャス航空とコードシェア協定を結んだと発表した。

モーリシャスはインド洋西部の島国。シンガポール航空はモーリシャス航空が週3往復運航するシンガポール=モーリシャス線において、11月1日から自社の便名(SQ)を付けることで、利用者の選択肢拡大・利便性向上を図る。コードシェア開始は関係当局の認可を前提としている。

フライトスケジュールは次の通り。火・木・土運航の647便はシンガポールを15時35分に出発し、モーリシャスに18時45分に到着。月・水・金運航の646便はモーリシャスを20時40分に出発し、シンガポールに翌日7時50分に到着。所要時間は7時間10分。

《レスポンス 日下部みずき》

最終更新:10/9(日) 10:30

レスポンス