ここから本文です

超手軽に80年代風ロゴを作れる「Retro Wave」 なんだこの懐かしさと怪しさは……

ねとらぼ 10/9(日) 9:40配信

 最近海外を中心ににわかに巻き起こっている80年代カルチャーのリバイバル。そんな80年代センスのロゴを簡単に作れるジェネレーター「Retro Wave」が、オンライン画像加工サイトPhoto FuniaとそのiOS、Androidアプリで公開されています。

【「Retro Wave」で作って見たロゴ】

 「Retro Wave」の使い方はとてもシンプルで、背景とフォントを指定してテキストを入力するだけ。あとは「進む」を押すと画像が生成され、なんともレトロフューチャー感にあふれたステキなロゴができあがります。時代的にVHSとかX68000とかメガドライブといった言葉を思い出します。作成した画像は3種類のサイズでダウンロード可能です。

 入力できるテキストは、メインの1行と上下2行の合計3行まで。中段と下段では日本語も使用可能。フォントのせいでやや台無しっぽいですが、これはこれでまた味わいもあります。海外で使われるよくわからない日本語の感じにもマッチするかもしれません。

 「今すぐ80年代感を出したい!」というときに使ってみてはいかがでしょうか。

最終更新:10/9(日) 9:40

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]