ここから本文です

巨人・由伸監督、勝負手実らず崖っぷち 打順変更も強打に屈した

デイリースポーツ 10/9(日) 6:02配信

 「セCSファーストS・第1戦、巨人3-5DeNA」(8日、東京ドーム)

 崖っぷちに追い込まれた。DeNAの強打に屈し、巨人は痛恨の逆転負け。高橋由伸監督は「打たれたんだから、力負けしたということ以外ない。どうこう言っても仕方がない」と、厳しい表情で繰り返した。

 勝負手は実らなかった。シーズン中はほぼ固定していた打順を変更。坂本を3番から1番、村田を5番から3番、1番を打っていた長野を5番に配置した。坂本の出塁率を生かし、コツコツと得点を重ねる短期決戦ならではの戦術を選択した。

 だが、亀井が一回と三回の無死一塁で2度も、長野は八回無死二塁で痛恨の送りバント失敗。指揮官は「ミスもしましたが、特に何が悪かったということもない」と目をつぶったが、リズムは生まれず。単打を重ねて奪った2度のリードは、いとも簡単に一撃ではね返されてしまった。

 チグハグな面は守りでも露呈した。六回2死一塁、筒香に逆転2ランを被弾。3-1から女房役の小林誠は「歩かせてもいいと思った」と外角ボール気味にチェンジアップを要求。だが、マイコラスは「アグレッシブに攻めていこうと思った」とストライクゾーンに入れ、痛打を浴びた。

 1球の重みが増す短期決戦で、繊細さを欠いての敗戦。指揮官は「明日勝てるように頑張るしかない」と前を向いたが、一枚岩にならなければあっさり終戦となってしまう。

最終更新:10/9(日) 7:53

デイリースポーツ