ここから本文です

【正式スターティンググリッド】F1日本GP

TopNews 10/9(日) 13:40配信

F1日本GPの正式スターティンググリッドが発表された。

グリッド降格ペナルティを科せられたのは4名。セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、パスカル・ウェーレイン(マノー)、ジェンソン・バトン(マクラーレン・ホンダ)、キミ・ライコネン(フェラーリ)だ。

●【マクラーレン・ホンダ】バトンのペナルティ詳細/F1日本GP

ベッテルは前戦のクラッシュを引き起こしたため、3グリッド降格で6番グリッドからスタート。

ライコネンはギアボックス交換をしたため、5グリッド降格で8番手スタート。

ウェーレインはギアボックス交換をしたため、5グリッド降格で21番手スタート。

バトンはパワーユニット交換をしたため、35グリッド降格で最後尾スタートとなっている。

最終更新:10/9(日) 13:40

TopNews