ここから本文です

Android端末のプリインストール義務付けアプリから「ハングアウト」が消え、「Duo」に

ITmedia ニュース 10/9(日) 8:00配信

 2017年に店頭に並ぶAndroid端末には、「ハングアウト」はプリインストールされなくなりそうだ──。米Googleが10月5日(現地時間)、Android端末メーカーに対し、「Google Mobile Services(GMS)」を変更し、ハングアウトを「Google Duo」に置き換えると告知したと、米Android Policeが報じた。この変更は12月1日に発効する。

Google Duo

 GMSは、「Google Playストア」や「Googleマップ」などの基本アプリをプリインストールしたいAndroid端末メーカーに対し、Googleがそれを許可する代わりに他のアプリのインストールも義務付けるというもの。現在のGMSのアプリは以下の11本だ。

 Duoは、Googleが今年のGoogle I/Oで紹介し、8月にリリースした1対1のビデオチャットアプリだ。ハングアウトのテキストチャットやグループでのビデオチャット機能などはない。

 これではGMSからテキストチャットアプリがなくなることになる。今後、Duoと同時に発表され、9月に提供開始された「Google Allo」もGMSに追加されるのかもしれない。Alloは「Googleアシスタント」搭載がウリのメッセージングアプリだが、本稿執筆現在、Googleアシスタントはまだ日本語をサポートしていない。

 なお、ハングアウトはGMSから外れるだけで、メーカーは従来通りプリインストールすることも可能だ。プリインストールされていなくても、ユーザーはGoogle Playストアから追加できる。

 Googleは8月にDuoを公開した際、ハングアウトは今後ビジネス向けコミュニケーションアプリと位置付け、「Google Apps」に統合していくと語った。

最終更新:10/9(日) 8:00

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]