ここから本文です

ベッキー「ワイドナショー」で5カ月ぶり地上波出演 ゲス活動休止には「未然に防げたのでは」と冷静にコメント

ねとらぼ 10/9(日) 11:26配信

 タレントのベッキーさんが10月9日、フジテレビ「ワイドナショー」に出演し、バンド「ゲスの極み乙女」の活動休止について言及しました。ベッキーさんの地上波番組出演は、5月放送の「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」以来約5カ月ぶり。

【画像】Instagramで出演を報告したベッキーさん

 番組では冒頭、バンド「ゲスの極み乙女」の活動休止のニュースについて紹介。司会の東野幸治さんから「コメントしづらいと思うんですけど……」と話題を振られたベッキーさんは、「1月に私との騒動があって、世間からの厳しい声、厳しい目があるなかでお互い活動したり生活したりしていた。そういったなかでこういう行動をとってしまったのは……。未然に防げたのでは」と、自身の経験とも照らし合わせ、こうした状況で未成年との飲酒に及んでしまった川谷絵音さんのうかつさを指摘しました。

 ベッキーさんは今年(2016年)1月、川谷さんとの不倫騒動を週刊文春にスクープされ大きな騒動に。5月の「金スマ」出演時よりも外見的には少し痩せた印象で、松本人志さんや堀潤さんからは「だいぶ……(痩せた)ね」「あんな追い込まれ方したら、人によっては生きるのイヤだって思ってしまうだろうし……」など心配される一幕も。しかし「芸能界を辞めようとは思わなかった?」と聞かれると、「辞めた方がいいのかなとか、もちろんちょっとはよぎりましたけど、この世界でまたお仕事させてもらいたいという気持ちが強かった」と、あくまで辞める意思はなかったことを明かしました。

 番組の最後、久々の地上波出演を振り返り、「皆さんの優しさを感じた」「緊張しましたけど、やっぱりテレビの仕事好きなんだなって思いました」と語ったベッキーさん。番組中では笑顔も多く見られ、ようやく以前の明るいキャラクターを少しずつ取り戻しつつあるようにうかがえました。

最終更新:10/9(日) 11:26

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]