ここから本文です

清武のキラーパス&じらし攻撃でオーストラリア守備陣を崩す

デイリースポーツ 10/9(日) 6:02配信

 「W杯アジア最終予選、豪州-日本」(11日、ドッグランズスタジアム)

 サッカーのW杯アジア最終予選・オーストラリア戦に臨む日本代表は8日、開催地メルボルンに到着し、現地で初練習した。6日にイラクと戦い、その後は長距離移動もあったため、同戦に出場したメンバーは軽めの調整となった。

 急所を突く“キラーパス”で相手を仕留める。イラク戦ではトップ下としてフル出場した清武が、オーストラリア守備陣を崩すイメージを語った。

 縦に速いスタイルを目指しているチームを「今は、じらしがない中で一発での(相手DFの)背後(を狙うパス)の数が多いかなと思う」と分析。その上で「常に背後を狙うだけではなく、じらしてじらして、その後に背後って。最終的には、そこで仕留めますというふうにやっていければ」と語った。

 同組内では、間違いなく最強の相手。「日本らしい戦いができないと、すごく厳しくなってくる。たくさん考えながらやるゲームかなと」。駆け引きと工夫を繰り返し、ゴールを呼び込む。

最終更新:10/9(日) 7:57

デイリースポーツ