ここから本文です

楽器と発動機、“ふたつのヤマハ”の合同デザインイベント

レスポンス 10/9(日) 14:30配信

ヤマハ発動機とヤマハは、2社合同のデザイン展示会『Two Yamahas, One Passion ~デザイン展2016~』を開催中。会場は六本木ヒルズ大屋根プラザで、10日までおこなわれている。

[写真23点]

このイベントは楽器のヤマハとモーターサイクルのヤマハ発動機という、ヤマハブランドを掲げる2社の合同デザイン展示会。昨年7月に初開催され、今年で2回目となる。今回の展示コンセプトは「Rejoice」(愉悦)で、世界初公開となるコンセプトモデルの『&Y02』をはじめ、両社のコンセプトモデルや新製品が並べられている。

&Y02は楽器や音響機器とモビリティのデザインが融合し得る可能性を探り、2社で共通した「ヤマハらしさ」の表現を探究するデザインプロジェクト「&Y」(アンディ)の第2弾作品。モビリティを操る所作で音楽を変化させ、音場を動かすことが出来るという機能を持ち「乗り物を体感できる音響装置」と位置づけられている。

モーターサイクルのアクセルグリップやブレーキレバーで音楽を変化させ、電動車椅子のジョイスティックで音場を動かす、というのが&Y02の機能。音楽は合計18個のスピーカーと中心部のウーハーから流され、乗り込んだ鑑賞者にたいして音による未体験の移動感覚を提供するというものだ。

筐体は繭のような楕円形のシルエットを持ち、無限に繋がっていくようなループ状の造形で構成されている。鑑賞者は外を向いて座るが、これは楽しさが外に向かって発散されるようなイメージのシートレイアウトにしたかったからとのこと。

このほかの展示は、音を奏でる電動アシスト車いす『&Y01』のほか、ヤマハ発動機からは日本初公開となる『04GEN』のほか、「衣動」というテーマを掲げた3輪ビークルの『05GEN』、「動く縁側」をコンセプトにデザインされた『06GEN』というコンセプトモデルの3台。そして『BOLT C-Spec』、『XSR900』という、クラシカルなイメージをモダンに表現した2台のモーターサイクル新製品が展示されている。

ヤマハからは、モーターサイクルに着想を得たエレキギターの『REVSTAR』をはじめ、サイレントギターの『SLGシリーズ』、コンパクトなシンセサイザー『reface』、エレクトリックバイオリン『YEV』という4点が並べられている。

開幕日の夜にはメディア関係者と招待客による懇親会が開催され、閉会時刻を過ぎても展示物に触れたり、操作する人が絶えなかった。この展示会は10月10日(月)までで、公開時間は11~18時。入場は無料。

《レスポンス 古庄 速人》

最終更新:10/11(火) 21:44

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]